もう美味しい水しか飲まない!持ち歩ける浄水器「BRITA Fill & Go」レビュー

fill-and-go
Let's share!

さてさて、たまには音楽やONE PIECE以外の記事をお届けします。

 

仕事用に水筒でも買おうかと考えていて色々と探していたところ、便利そうなモノを見つけたのでその場でポチり。

そこで購入したのが「持ち歩ける浄水器」。

 

先々のことを考えるとただの水筒を買うより便利かなぁと思って買ってみました。

今回はこの持ち歩ける浄水器”BRITA Fill&go”をご紹介します。

スポンサーリンク

持ち歩ける浄水器 “BRITA Fill & go”

BRITA ブリタ 水筒 直飲み 600ml 携帯用 浄水器 ボトル カートリッジ 1個付き フィル&ゴー ブルー 【日本仕様・日本正規品】 fill & go

「浄水器が持ち歩ける」ってすごい便利だと思いませんか!?

ぼくにはその発想がなかったので、これを見つけたときは目からウロコが飛び散りました。

 

正直「そもそも浄水器を通した水を水筒に入れればいいんじゃね?」とも思ったのですが、飲みきってしまった時に注ぎ足せることや、何か災害があったときだとか、これが一本あるだけで生きるのに必要な「クリーンな水」を確保することができます。

 

普段使いももちろんですが、災害用の備蓄など緊急時の備えとしてもかなり使えると思います。

 

 

“Fill & go”のイイ所

持ち歩ける

fill-and-go-motiaruki

一番のメリットはこれですね。

浄水器と言えば普通は家庭の水道に常設するもの。

 

でも浄水器そのものを持ち運べるということがこのアイテムの一番の利点です。

前日の夜に水を入れて、冷蔵庫に入れておけば冷たい水を持って行くことができます。

 

もしくは、これはぼくがよく使う方法ですが、”Fill & go”を冷やしておいて部屋で冷たい水を飲んでいます。

量が減ってきたらまた注ぎ足して冷蔵庫に入れておけば、いつでも家の中で冷たくて美味しい水を飲むことができます。

 

 

浄水器なので注ぎ足しができる

fill-and-go-tugitasi

これもポイントですね。

たくさん飲んで減ってきても注ぎ足せば、ただの水道水がいつでも美味しい水に変わります。

 

ちなみに味ですが、この浄水器を通せばカルキ臭のする水道水も、かなりまろやかな美味しい水になります。

まぁ、もちろん「水」ですが。

 

 

“Fill & go”のイマイチな所

キャップが固い

fill-and-go-katai

これは結構気になってしまうかもしれません。

実際に水を飲む時に飲み口のキャップを引っ張るんですが、これが結構固い。。

 

何度もやってれば慣れてきますが、最初はこのキャップの固さにわりと戸惑います。

 

 

水が溢れる

fill-and-go-ahureru

これもイタい所。

“Fill & go”で飲んでいて、キャップを空けたままにしておくと水が溢れてきます。

 

冷たい水を飲む時に顕著ですが、ボトルが常温でも温められると中の空気圧が高くなり、浄水フィルターに吸収されている水が逆流して気がつくと水浸しになります。

 

なので、例えばパソコンやスマホの近くに置いておくと大惨事になる可能性があります。

単に毎回ちゃんとキャップを閉めておけば問題ありませんが、なんせキャップが固いので、毎回閉めるのもちょっと億劫になったり。。

 

逆に言えば空気圧が抜ければいいんです。

フタを緩めておけば逆流しないということに気づいたので、そちらをオススメします。

 

密閉されている関係で、飲む時もしっかり吸うようなイメージです。

 

 

“Fill & go”の仕様

fill-and-go-parts

ボトル、フタ、キャップ、浄水フィルターの4パーツです。

 

組み立てはとても簡単。

フタにフィルターを乗せて、キャップを閉め、水を入れたボトルに装着するだけです。

 

fill-and-go-soutyaku1

fill-and-go-soutyaku2

 

これでフタをボトルに装着するだけ。

 

メンテナンスも簡単です。

説明書によると、フィルターは週に一度、熱湯に5分間浸けて消毒。

その他のパーツは毎日中性洗剤で洗うだけです。

 

フィルターカートリッジの交換目安は「1日5リットルの使用で4週間が目安」とされていますが、そんなに使わないでしょ。

1日5リットルって、誰がそんなに水飲むの・・・。

 

交換時期で言えばそういうことらしいですが、使用量としては「1枚のフィルターで150リットルろ過できる」とも書いてあります。

ボトルに入れられる量が600ml(0.6リットル)なので、フィルター1枚でボトル250杯分は使える計算になります。

 

ただ、単純計算ではそうなりますが、もしフィルターにカビとか生えてしまえばもちろん交換しなければならないので、そこは使用・保管状況によりけりですね。

個人的には少なくとも半年は使えるんじゃないかと思います。

 

注意点として説明書には「自治体が供給する水道水をお使いください」と書いてあり、雨水や泥水などなんでもよいというわけではないので悪しからず。

超緊急時までそんな使い方はしないと思いますが念のため。

 

 

まとめ

今回は持ち歩ける浄水器”BRITA Fill & go”をご紹介しました。

職場や学校に持って行ったり、または家で使うだけでも十分使えるアイテムです。

 

これから水筒の購入などを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

ありがとうございました!

 

▼持ち歩ける浄水器”BRITA Fill & go”。オススメです。

スポンサーリンク
Let's share!