便利?恐怖?自動で写真が生成される・・・恐るべしGoogleフォト。

Let's share!

「Google先生!なに勝手なことしてるんですか!!」

 

そう言いたくなるような出来事がありました。。。

 

Google先生はおせっかい?気が利く?どちらとも取れるような、Googleフォトの恐るべき機能をご紹介します。

スポンサーリンク

「Googleフォト」

ぼくはChromebookを購入し使い始めるようになってから「Googleドライブ」や「Googleフォト」を使っています。

 

ChromebookではPCのハードディスクにデータを保存できないので、上記Googleのクラウドストレージにデータを保存するしか方法がないのです。

▼Chromebookの購入については、こちらの記事で紹介しています。
Chromebookデビュー!レビュー! | Dai Yamazaki.com

 

で、例えば「iPhoneで撮った写真をChromebookのアプリで加工したり、写真をChromebookでブログにアップしたい」、なんて場合にはiPhoneから写真データをChromebookへ移さなければなりません。

 

そんなときに、iPhoneにも「Googleフォト」をインストールしておけば、iPhoneの「写真アプリ」と勝手にWi-Fi同期してiPhoneで撮った写真がGoogleフォトにアップロードされます。

 

そうすると「データの移行」という手間が省けてシームレスに作業ができるので、かなり便利です。
(実際にChromebookのアプリで写真を加工したり、Web上にアップロードする際には、GoogleフォトからGoogleドライブへ移す必要があります。)

 

PCでもChromebookに限らず、「Google Chrome」ブラウザを使っていてGoogleアカウントさえあればGoogleフォト、ドライブともに利用可能です。

 

そんな感じでぼくはデスクトップのMac miniとiPhone、Chromebookをシームレスに使い分けながら普段ブログを書いたりしています。

 

 

恐るべきGoogleフォトの機能とは

それで、今日MacでChromeブラウザを何気なく開いたら、ブラウザ右上の「お知らせ」に新着マークが。

 

 

なんだろう?

 

 

ポチッと開いてみると、なんだか知らない写真が。。。

image1

 

 

いや、本当は知ってはいるんですけど、こんなパノラマ写真を撮った覚えは

 

 

 

ない!!

 

 

 

どゆこと??

 

 

よくよく見てみると、Googleフォトには「アシスタント」という機能があり、アップロードされている写真を分析し、「複数の写真によるパノラマ写真」や、「連続した写真によるアニメーション」、「スタイル(色合いなどのエフェクト)を適用した写真」を自動で生成してくれるのです!!

 

 

すごいじゃん・・・

 

 

ちなみに元になった写真ですが、左側はこちら。

image2

 

 

右側はこちら。

image3

 

 

やばくないですか?

 

 

この精度。

 

 

パノラマにしようなんて思わずに撮った写真が、ここまでのクオリティで見事にパノラマ写真になっています。

 

つなぎ目なんて、よく見てもほとんど分かりません。

 

よくもまぁ、こんなにうまく作ってくれるものだと感心しました。

 

 

しかし、その反面、正直怖いような気もしたり。。

 

これ、人の手による合成じゃないんですよね。

 

 

人の手による合成ならば大問題。

プライバシーもへったくれもありませんからね。

 

それはない・・・ハズ。

 

 

となるとAIによる仕事でしょうか。

 

AIじゃなくてもプログラミングでこんな処理ができるんでしょうか。。

 

 

技術の進歩はすごいと感心する反面、気味が悪いような気分になるのはぼくだけでしょうか。

 

 

なんだか両手放しでは喜べない感じ。。

 

ぼくが前時代的な頭なのかもしれません。

 

 

まとめ

便利と言えば便利な、Googleフォトのアシスタント機能。

 

ぼくみたいに変な深読みさえしなければ、とても便利に利用できると思います。

 

 

で、最後にこの動画を紹介して締めくくります。

映画「スノーデン」です。

 

 

▼さらに気になる方はこちら。信じるか信じないかは、あなた次第。
シチズンフォー スノーデンの暴露2014映画フルバージョン | 黄金の金玉をしらないか?

 

 

ありがとうございました!

 

 

▼ものっそい暴露本。

▼YouTube版はなぜかフルディスプレイで見れないので、ちゃんと見たい方はDVDで!

スポンサーリンク
Let's share!