セブンイレブンのサービス、宅急便の利用方法まとめ

eyecatch
Let's share!

セブンイレブンのサービスシリーズです。

別記事にてセブンイレブンで意外に知られていないんじゃないかというサービスをまとめました。

▼コチラ。
セブンイレブンで意外と知られていないサービスまとめ | Dai Yamazaki.com

▼こちらは関連記事です。
セブンイレブン、マルチコピー機の利用方法まとめ | Dai Yamazaki.com

 

今回はその中でもセブンイレブンから荷物を発送する、宅急便について詳しくまとめます。

 


スポンサーリンク

宅急便 概要

セブンイレブン店舗から、「ヤマト運輸(クロネコヤマト)の宅急便」が送れます。

ゆうパック、佐川急便で発送することはできないので要注意です。

冷蔵品、冷凍品などのクール宅急便はセブンイレブンでは受付不可です。

ここまでは別記事でもご紹介した通りかと思います。

 

ここからはより詳しく宅急便のサービスについて、ご紹介します。

 

 

通常発送

発払いと着払い

荷物を持って行ったお店で代金の支払いをする発払いと、レジで支払いをせず送り先が代金を支払う着払いで荷物を発送することができます。

発払いと着払いはそれぞれ伝票が別なので、書き直しにならないよう先に店員さんに伝えましょう。

 

着払いに関しては、この通常発送のみ利用可能です。

後述する宅急便コンパクト、複数口や往復宅急便で着払いは利用できません。

 

一週間先までの日時指定と、ワレモノ指定には追加料金は不要です。

 

ゴルフ場・スキー場・空港にも荷物を発送することができます。

これは発送時の注意点があるので、後述します。

 

▼ゴルフ場・スキー場・空港へ荷物を発送する際の注意点はコチラ。
ゴルフ場・スキー場・空港への発送の注意点

 

 

料金

料金は発送先の場所と、発送物の重さ・大きさで決められるサイズという単位によって変わります。

 

まず、発送先による料金の違いについてはヤマト運輸の規定によるので、ここでは詳しく説明できません。

参考として、例えば関東圏内の配達に比べ、関東から大阪への発送はプラス108円です。

 

 

次にサイズについて。

サイズは最小で60サイズ。

61や65というサイズはなく、80サイズ、100サイズといった具合に、60サイズから20きざみで160サイズまであります。

 

このサイズが1ランク上がるごとに料金が216円上がります。

 

一応料金の目安として一番近い距離、一番小さい60サイズで656円からです。(2017年1月13日現在)

コンビニでも取扱店への持ち込みということになるので、ヤマト運輸の料金から100円引きになります。

 

▼詳しくはヤマト運輸のリンクを参考にしてください。
ヤマト運輸

 

 

サイズの測り方

サイズの決定は発送物の重さ・大きさによります。

 

大きさは、発送物のたて・横・高さの三辺の合計が60cmまでなら60サイズ、61〜80cmまでなら80サイズというふうに、三辺の合計20cmごとにサイズが決まります。

 

重さは、2kgまでが60サイズ、5kgまでが80サイズで、ここから5kgごとにサイズが決まります

 

ちなみに、例えば重さが2kgで大きさが90cmの発送物だったら何サイズになるか。

重さでは60サイズだけど、大きさは100サイズですね。

 

この場合は100サイズになります。

大きい方に合わせられるんですね。

 

なのでこんな場合は、がんばって荷物の大きさを小さくできるのであれば、がんばることをおススメします。

 

最大で三辺合計が160cm、または25kgまでの荷物を発送することが可能です。

 

発送する際は、店員さんに「めんどくさい客が来たな」と思われないよう、ちゃんと梱包してお店に持って行きましょうw

 

 

宅急便コンパクト

最近はこれが増えているかもしれません。

宅急便の60サイズより小さい荷物や書類であればこちらのほうが割安に発送できます。

 

この場合は宅急便コンパクト専用BOXという別売り(65円)の梱包ケースに入れて発送します。

そのため通常発送とは違い、梱包せずに荷物を持ち込んでOKです。

 

専用BOXは2種類。

A4サイズの書類が入る薄型のもの(24.8cm × 34cm)と、大きさが少し小さめだけど高さがある箱型のもの(25cm × 20cm × 5cm)があります。

 

そして、こちらのコンパクトについては専用BOXに入れば重さは関係なく、サイズによる料金の変動もありません。

 

料金はセブンイレブンであれば494円から。(2017年1月13日現在)

別途65円の専用BOXの代金も必要です。

距離による料金の変動はあります。

 

 

複数口宅急便

宅急便の荷物は個数で数えられます。

というのも、例えばたて・横・高さの三辺合計が30cmのものを2つ同じ場所に発送するとなると、それぞれ別に伝票を書いて2個口として発送することになります。

それでどうなるかというと、60サイズの荷物を2個発送することになるので、まるまる2個分の料金が発生してしまいます。

 

こういった場合は可能であればひとつにまとめて梱包すれば60サイズ、または80サイズになったとしても1個口として発送できるので、その方が断然安く発送することができます。

 

でも、どうしても荷物を1つにまとめられないような場合、複数口宅急便というサービスがあります。

 

複数口専用の伝票で荷物を受付してもらえば、発送物ひとつあたり100円の割引サービスを受けることができます。

 

もちろん全ての発送物が、同一の配達先であることが条件です。

 

テープで荷物を貼り合わせたり、ヒモでくくるだけでは配送途中に分解してしまう可能性があるので、ちゃんとひとつに梱包してお店に持っていきましょう。

「ガッチリテープで貼ったから大丈夫だよ!」とか言っても、受け付けてもらえなくなります。

 

荷物の紛失を防いだり、ちゃんと配送先に荷物を届けるためのことなので、ここは理解しておいてください。

 

 

往復宅急便

旅行・ゴルフ・スキーなど、荷物が多いまたは大きい場合に宅急便を利用する場合。

行って帰ってくることが分かっている場合に、どうせ発送するなら行きの発送の時に往復として帰りの分も申し込めば100円の割引になります。

 

目的地の旅館やホテル、ゴルフ・スキー場に荷物が届き、帰りはそこからまた自宅まで発送してくれます。

 

 

集荷、到着日について

宅急便のサービスについては以上になりますが、最後にヤマトの集荷と、荷物の到着について説明します。

 

店舗や地域にもよると思いますが、通常14〜15時頃にヤマトのドライバーさんがお店に最終集荷に来ます。

それまでにお店に荷物を持ち込めば、その当日分として荷物を発送してもらえます。

 

その最終集荷を過ぎると、荷物は店舗で一日保管され、翌日分として荷物を発送することになります。

急ぎで荷物を発送する場合は、最終集荷について早めに店舗へ確認を取ったほうがよいです。

 

当日分として発送できれば、最短で翌日に荷物が到着します。ただし、発送先の場所により配送が遅れます。

翌日分の受付であれば、荷物を持ち込んだ翌日にドライバーさんが店舗から荷物を集荷するので、最短でも翌々日の到着になります。

 

 

ゴルフ場・スキー場・空港への発送の注意点

通常発送のところで挙げたゴルフ場・スキー場・空港への発送についてですが、これらの場合には、プレー日・搭乗日の前日に荷物を届けなければなりません。

宅急便では時間指定をする場合、早くても「午前中」としてしか指定をすることができません。

「朝8時までに」というふうには時間の指定ができないのです。

 

なので、ヘタすればプレー時間、飛行機の搭乗時間になっても荷物が届いていないという事態になってしまいます。

 

そのため、プレー日・搭乗日の2日前の14時頃までに荷物を持ち込まなければプレーや飛行機の搭乗に支障が出てしまいます。

それを考えるとギリギリにならないように、余裕を持って3日前までには荷物を発送しておきたいところですね。

 

通常発送だけでなく、往復や複数口についても同様です。

 

 

まとめ

だいぶ長くなってしまいましたが、宅急便に関するまとめでした。

 

宅配便は人によって、よく利用する人とあまり利用しない人に分かれるんじゃないかと思います。

よく利用される方にとっては当たり前の情報かもしれませんが、あまり利用されない方には有用な情報もいくつかあったんじゃないかと思います。

 

これから春にかけて引っ越しなど増えるシーズンになります。

宅配便を利用する機会も増えるはず。

 

今回の記事が役に立てば幸いです。

 

ありがとうございました!

 

▼ちょっとした気遣いで、ハピネスも一緒にお届け!

▼オシャレな段ボールBOX。80サイズです。

スポンサーリンク
Let's share!