Colony House、オシャレでポップなバンド。- Today’z Music

ec
Let's share!

さてさて、今日も読んでいただきありがとうございます。Yamazakiです。

 

職場の喫煙所からタンポポの花を毎日見ています。

それで最近、タンポポの黄色い花がなぜ、あんなふわっふわの綿毛に変化してしまうのか、不思議でなりません。

 

はい。

 

だいぶどうでもいい話ですね。

 

それでは今日も張りきってオススメのGood Musicをご紹介いたします!

スポンサーリンク

Colony House

本日ご紹介するのはアメリカのインディーロックバンド、Colony House

いちおうロックバンドではありますが、ポップな要素が強く、とても聴きやすいサウンドです。

 

MVを見てもらうと分かりますがメンバーは普通に最近のオシャレなお兄さんです。

 

▼そしてオススメのアルバムがこちら。

 

When I Was Younger

When I Was Younger

 

はい、これまたジャケットもシンプルな感じでシャレオツですねー。

 

▼Vampire WeekendのContraというアルバムや、(なんか左側がおかしいですが)

Contra (Ocrd)

 

▼Veronica MaggioのSatan I Gatanというアルバムジャケットにも似てますね。

Satan I Gatan

写真の構図と文字のフォントがそっくり。

パクったな!とか言うつもりはありませんが、こういうふうにアートワークを見るのも楽しいです。

 

▼そしてオススメの曲はこちら。

 

Silhouettes

 

この曲名、一発で読めましたか?

ぼくは分からなかったので、グーグル先生に聞いてみたところ、「シルエット」だそうです。

 

ほー、シルエットなら知ってますね。

 

ちなみにぼくは「シルヒューエッツ」かと思いました。

バカ丸出しです。

 

そんなどうでもいい話は置いといて。

 

とても爽快なポップソング。

ギターのリバーブ(エコーのような残響音)が響いて独特の空気感を持っています。

 

休日の昼下がりに聴いたらとても気持ちよさそうですね。

 

他には、2.Second Guessing Gamesや、7.Waiting for My Time to Goなどがオススメです。

 

▼他の曲の試聴はこちらから。

 

 

まとめ

今回はColony Houseをご紹介しました。

オシャレソングですね。

 

業界風に言うとシャレオツなグーソンです。

 

そんなわけで。

 

“Good Music, for Good Life”。

音楽であなたの毎日が楽しくなりますように。

 

ありがとうございました!

 

▼今日の一枚。Colony HouseのWhen I Was Younger。

スポンサーリンク
Let's share!