DADARAY、アダルトな色気を持つサウンド。 – Today’z Music

dadaray
Let's share!

さてさて、今日も楽しく音楽を聴いています。Yamazakiです。

 

実は先日”ゲスの極み乙女。”を初めてちゃんと聴いたんです。今さらながら。

なんだか”Indigo la End”に似てる歌声だなー、と思ってたら、同じ人だったんですね。

 

 

うむ。恥ずい。

 

で、さらに”ゲスの極み乙女。”のベーシストである休日課長も別ユニットをやっていたんですね。

今回はこの休日課長が中心になって結成されたバンドをご紹介します!

スポンサーリンク

DADARAY

休日課長(Ba)、REIS(Vo/Key)、えつこ(Key/Vo)の三人編成のバンド。

 

REIS(レイス)さんがメインボーカルなんですが、歌声がとても色っぽいんですよ。

美人だし。

えつこさんは、かわいい。

課長はベースがマジでうまい。

 

しかし。

 

課長!両手に花なんて、うらやまし過ぎますぞ!

 

2017年4月に1st EP”DADAISM”を、5月には2nd EP”DADAMAN”、6月に3rd EP”DADAX”をリリースするという、かなり攻めた作品制作をしています。

3ヶ月連続でEPリリースとは、かなりハイペースです。

サウンドはかなり大人な雰囲気が漂うオシャレな感じ。

 

この夏にはサマソニ、ROCK IN JAPANなどフェスにも出演するそうです。

ステージでは夏の熱気を忘れさせてくれそうな感じがします。

 

▼オススメの作品はコチラ。

 

DADAISM

DADAISM

今回オススメするのは1st EPの”DADAISM”。

メンバーそれぞれがすでに音楽活動を経ているせいか、1st EPからすでに洗練された作品になっています。

 

ジャケットはモノトーンで、色合いはとてもシンプルですが、かなり手の込んだ複雑なイラスト。

まさに「アート」というジャケットですね。

 

▼オススメの曲はこちら。

 

美しい仕打ち

この”美しい仕打ち”という曲は、なんとも言えないセクシーな楽曲です。

「エロい」とは全然違うんですが、もうタイトルの「美しい仕打ち」という言葉の組み合わせがセクシーさを表しているように感じます。

 

曲調はミドルテンポで、スマートな心地良いサウンドの楽曲になっています。

特にシンセやnordの音が印象的。

サビのビートも特徴があって、ボーカルのキレイな歌声を補うようにドッシリとしたビートが気持ちいいですね。

 

間奏ではえつこさんの叙情的なキーボードソロに加え、休日課長のベースソロが入ったりなんかして、こんなのズルいよーとか思ったり。

あんなにインパクトのある見た目なのに(だいぶ失礼)、めちゃめちゃ繊細でクールなベースソロを弾かれたら惚れざるを得ません。。

単なる速弾きやテクニックを見せつけるだけのソロとは違う、歌心のあるベースメロディが大人なムードを助長しています。

 

この楽曲はMVも秀逸です。

これまたオシャレ。

色味のあるシーンと、モノトーンに近いシーンが対照的です。

出演者の服や、チェス、タイルの色もほとんどが白黒のモノトーンに統一されていて、アルバムジャケットの色味を思い起こさせるような感じもあります。

たまたまでしょうか?

 

というか、あれですね。

 

今見ていて気づきましたが、人をチェスの駒に見立てているようです。

だから床のタイルもチェスの盤面のように白黒にしているんですね。

 

女性どうしの駆け引きをチェスで表現しているのではないでしょうか。

チェスで相手の駒を取るたびに、リアルの人を従えたり場所からどかしたり。

 

でも最終的には取り合っていた男の人を捨てて、女性どうしが抱き合ってチュー

 

 

・・・。

 

 

 

抱き合ってチュー!!

 

 

分からん!

歌詞だけ読んでると男女の話かと思うんですが、このMVを見ちゃうと、「えっ?あ?そういうこと!?」と思ってしまいます。

 

まぁ、とりあえず、

 

 

 

鼻血拭いてきます。

 

 

というくらい、最終的に色っぽく、考えさせられる演出になっています。

 

ぜひご覧ください。

 

 

他には1.”イキツクシ“がオススメです。

この曲もかなりアダルトな雰囲気を醸し出しています。

メインの曲調はR&Bのようなテイストなんですが、中盤ではジャズっぽくなり、ブレイク明けからボーカルが盛り上がって、最終的には東京事変みたいなギターサウンドで感情爆発!

というフルコースな曲で、こちらもとてもカッコいいです。

 

また、バンドとしても思い入れのある曲のようで、2nd・3rd EPの両方にえつこさんのボーカルバージョン・リミックスバージョンがそれぞれ収録されています。

 

▼他の曲の試聴はこちらから。 ※音量注意

 

 

まとめ

今回はアダルトで色気のあるバンド、”DADARAY”をご紹介しました。

深夜、街が寝静まった頃に聴きたくなるような雰囲気を持つ音楽ですね。

 

今夜、お酒でも傾けながら聴いてみてはいかがでしょうか。

 

“Good Music, for Good Life”。

音楽であなたの毎日が楽しくなりますように。

 

ありがとうございました!

 

 

▼今日の一枚。DADARAY、”DADAISM”。

スポンサーリンク
Let's share!