Swimy|男女ツインボーカルが紡ぐ、超極上ポップがたまらない!

tm-swimy
Let's share!

こんにちは、Yamazakiです!

 

今日もはりきって良質な音楽をお届けします。

 

今回は僕が一目惚れ、いや、一耳惚れしたバンド、”Swimy”をご紹介します!

スポンサーリンク

 

Swimy

Takumiさん(Vo,Gt)、平成のまおさん(Vo,Ba)、タイキロイドさん(Gt,Cho)の三人編成バンド“Swimy”

2017年7月にみっけさん(Vo,Dr)が脱退されるまでは四人編成だったそうです。

 

鋭い方は、今ご紹介した編成で気になったかもしれませんが、Swimyはなんとボーカルが二人です。

曲を聴けば分かりますが、コーラスもやってるけど、Takumiさん、平成のまおさんは二人ともれっきとしたボーカルです。

 

この二人のボーカルの掛け合いがめちゃめちゃいいんです。

打首獄門同好会とか、緑黄色社会とか、ボーカルが二人以上いるバンド編成は最近のトレンドなんでしょうか。

結構増えている気がします。

 

Swimyはホントに歌が素晴らしい!

すごくキャッチーなメロディラインに、楽曲のアレンジも素敵。

ぼくの大好きなポップサウンドが堪能できます。

 

今回バンドについて調べたところ、アニメ「銀魂」や「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のテーマソングにも起用された経歴もあるそう。

 

▼そんな”Swimy”オススメのCDはこちら!

 

僕と魚の物語 – Single

僕と魚の物語

ぼくが初めて聴いた音源がこちらの“僕と魚の物語 – Single”

タイトル曲の”僕と魚の物語”は「NHKみんなのうた」で2017年12月から1月のテーマソングにもなっていました。

 

このCDには“しゅるる”という曲も収録されていて、これもいいんですなぁ。

こちらは目の覚めるような、割りと攻め攻めなテンポの良い曲です。

“しゅるる”というタイトルもインパクトがありますよね。

 

 

天使と悪魔の歌

そして、この音源に収録されている“天使と悪魔の歌”という曲が、マジでヤバい。

 

オープニングからまおさんの透き通った声で歌われる、

「ひーらーひーらーひら ゆーらーゆーらーゆら きーらーきーらーきら 悪魔のうた」

という歌詞とメロディに一気に心を奪われます。

 

もう一回聴いたら脳内で無限ループですね。

 

説明は後回しにして、とりあえず聴いてみてください!

 

▼”天使と悪魔の歌” MVも独特で、不思議な雰囲気。

 

どうでしょう。

 

「悪魔の NO 脳内 創造 すっと 妄想 創造 のうのうと 繰り返す 理想の模様に」

 

サビのユニゾンの感じとかホントズルい。

歌詞もすごい独特で、耳障りや響きのいいワードがチョイスされているので、よりいっそう楽曲にのめり込んでしまいます。

 

てか、平成のまおさん、あれだけのベースフレーズを弾きながらあれだけ歌うって本当にすごい。

ポール・マッカトニーかよ。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが。

 

ぼくもバンドやってた頃、ベース弾きながら歌うことに憧れてけっこう練習したんですけど、全然出来ませんでした。。

楽器弾く時って、頭の中でフレーズを歌いながら演奏するんですけど、歌も歌うってことはベースのフレーズとボーカルのフレーズを頭の中でダブルで歌っていることになるはずなんですが、どうなんだろ。

脳みそ4つに分かれてるんじゃなかろうか・・・。

 

できなかった人が語ってもしょうがないのでやめます。

 

“Swimy”にベタ惚れしてしまったので、今回はもう一枚音源をご紹介します!

 

絶絶ep

絶絶ep

 

先ほどご紹介した”僕と魚の物語”の前作、“絶絶ep”

2017年2月の作品なので、ドラムボーカルのみっけさんが健在だった頃の音源です。

 

トリプルボーカルて。

 

贅沢!!!

 

タイトル曲“絶絶”など6曲収録。

“絶絶”はアニメ「NARUTO」のエンディングテーマです。

 

この”絶絶ep”もかなりオススメ。

珠玉のパワーポップEPになっています。

正直、捨て曲なしです。

 

このEPからピックアップするのは、やはりこの曲ですね。

 

絶絶

トリプルボーカルとは言え、アイドルのようにずっと3人で歌い続けるような構成ではなく、ハモりやコーラス的に二人で歌ったり、掛け合いなどうまく構成されています。

 

加えてツインギターのサウンドも特筆すべき点ですね。

Takumiさんとタイキロイドさんでうまく役割分担されていて、特にタイキロイドさんのテクニカルなピロピロ系ギターフィルがアクセントになっているので、聴いていて全然飽きが来ません。

 

やー、しかし、みっけさん脱退は残念なところ。

 

リズム隊が女性って、なんかそれだけで魅力を感じます。

決してエロい目で見てるわけではありませんが、なんかいいよね。

 

Swimyはギターフレーズもベースフレーズもドラムフレーズも曲のアレンジもすごく歌心に富んでいて、そこがとてもポップなんですよね。

型にはまらない、自由さがポップ。

 

特に”絶絶”はCメロで、まおさんとみっけさんが披露する掛け合い&ハモりが抜群に素晴らしいんですよね。

 

「みっけさんはもういないのか・・・」というノスタルジーにひたりながら聴いてみてください。

 

▼”絶絶”(ショートver.) ぼくが好きなCメロの最中で動画が終わることに「ムキーッ」となります。

 

他の収録曲では・・・いや、全部オススメですよ。マジで。

一応簡潔に解説しますね。

 

“僕の言葉で”はサビが最高。途中、子どもたちとの掛け合いがあったり、遊び心が素敵です。

“アナタキミ”はTakumiさんの真っ直ぐなボーカルが突き刺さります。

“ナンカイ”はテンポの良い明るい楽曲。「オーライ!」とか、「オッオー!」とか、ライブで超盛り上がるやつですね。

“どうして”はEDMとかボカロ的なムードが漂い、他の曲とはまた違う顔をのぞくことができます。

“isogi”はバラードではないんですが、切ない気持ちにさせてくれるサウンド。

 

素晴らしいEPだと思います。

 

▼ついでにEP”絶絶ep”のダイジェストはこちらです。

 

 

まとめ

“Swimy”、めっちゃいい。

極上ポップはぼくの大好物なんです。

 

これ、たぶん長くヘビロテするんじゃないかと思います。

自分の中でですが、早くも2018年トップアーティストになる可能性があります。。

 

来月、渋谷でワンマンライブもあるとか。

超行きたい。。

 

てなわけで、今回はSwimyをご紹介しました。

 

“Good Music, for Good Life”。

音楽であなたの毎日が楽しくなりますように。

 

ありがとうございました!

 

▼”僕と魚の物語 – Single” この音楽との出会いは衝撃でした。

スポンサーリンク
Let's share!